除菌液・フィルター・サンダルの購入はこちらへ

生ゴミ処理機の分解メカニズム

生ゴミは環境の敵

食事は人間の健康の源ですが、同時に生ゴミの発生源でもあります。どんなに気をつけても、食材の切れ端や食べ残しなどのゴミが出てしまうものです。一般家庭であればゴミの量は限られていますが、学校や病院などたくさんの食事を作る場所では、ゴミの量が増えます。
すぐに処分できない場合は生ゴミの回収まで時間がかかる為、悪臭が気になります。何より、大量のゴミを発生させるのは環境に良くないことです。エコ活動は施設や店舗にとって重要な取り組みと言えます。ゴミの量が気になるのであれば、生ゴミ処理機の導入をおすすめいたします。

生ゴミ処理機のメカニズム

色々なタイプの生ゴミ処理機がありますが、基本的には微生物の力を利用してゴミを分解します。これは、自然界の分解のメカニズムと同じです。土に食べ物を埋めると自然と消滅します。これは、土の中にいる微生物は食べ物を分解するからです。
処理機の中でも同様に微生物が有機物であるゴミを分解します。結果、ゴミは水と炭酸ガスになります。このメカニズムを利用した処理機は消滅型と呼ばれています。特に好気性微生物を使う場合、分解スピードも速く腐敗臭が発生しないのが特徴です。
手早く生ゴミを処理したい、悪臭で近隣に迷惑をかけたくない、といった時に便利なアイテムと言えます。

学校や病院などで使用する業務用生ゴミ処理機をお探しなら、当社にお任せ下さい。消滅型の業務用生ゴミ処理機を、安心価格で販売しています。減容率は100パーセントで、後処理の必要はありません。水切りをせずに、ゴミを投入できるのもポイントです。
また、排水をそのまま下水道に流せるのも特徴的です。さらに、排水については液体肥料として活用することもできます。導入に際しては見積もりを行うので、費用面も安心です。自然の分解メカニズムを活用した業務用生ゴミ処理機で、エコ活動を始めませんか。

お気軽にお問い合わせ下さい