除菌液・フィルター・サンダルの購入はこちらへ

ノロウィルスの特徴と対処法

ノロウィルスは感染力が高い

冬になると流行するのが、ノロウィルスです。激しい下痢と嘔吐の症状が見られ、小さいお子さんや高齢者の方の場合、死に至るケースも少なくありません。最大の特徴は、高い感染力です。微量のウィルスでも感染するので、集団感染も起こりやすいです。
感染者の便や吐瀉物を処理する時には、細心の注意が要ります。ウィルスに汚染された場所や物に触れてしまうだけでも、感染してしまう可能性が非常に高いからです。しかも、ノロウィルスはアルコール消毒や加熱消毒に強いので、通常の手洗いなどでは予防は難しいのが実情です。

ノロウィルスへの対処法

消毒液としては、次亜塩素酸ナトリウムが有効です。適切な濃度に希釈したもので、床や便座、ドアノブを拭くとノロウィルスを退けられます。次亜塩素酸ナトリウムは市販の塩素系漂白剤に含まれているので、手軽に活用できます。流行の兆しが見えたら、早めに室内を消毒しましょう。
病院や福祉施設においては、オムツの処理に気をつけなくてはいけません。素手で触らない、オムツの交換場所を消毒する、といったことを徹底する必要があります。使用したゴム手袋なども、速やかに密封して廃棄します。また、処理後の入念な手洗いもキーポイントです。手首や爪の間も洗って、消毒まできちんと行います。

病院や福祉施設でのオムツの処理は、当社で扱っているエコムシュウにお任せ下さい。エコムシュウは使用済みオムツを自動で処理できる、安心価格のオムツ処理パックシステムです。使用済みのオムツを投入口から廃棄するだけで、自動でパックします。菌を閉じ込めるため、感染リスクを抑えられます。
臭いについてもカットできるので、処理の際のストレス軽減にも繋がります。オムツ処理パックシステムは、現場の安全と清潔さを守る手段の一つです。導入のご相談や見積もりは随時、承っております。便利なオムツ処理パックシステムを使って、集団感染を効果的に予防しませんか。

お気軽にお問い合わせ下さい