除菌液・フィルター・サンダルの購入はこちらへ

オゾンの基礎知識

私たちが良く耳にするオゾン。しかし、実際どのような性質でどんな仕組みになっているのか意外と知らない方も多いかと思います。オゾンは、私たちの身近に存在するものです。ここにオゾンの基礎知識をまとめました。ご参考になれば幸いです。

オゾンの基礎知識

オゾンは、ギリシャ語のOzein(臭う)からきた、青臭い刺激臭をもった気体の名称です。木や自然の臭いがオゾン臭です。

《オゾンの物理的・科学的特徴》

空気中の酸素は、2個の酸素原子から出来ています。それに対し、オゾンは3個の酸素原子から出来ており不安定な状態のため、分解して酸素原子2個の状態になろうとします。2個の酸素原子になったオゾンは安定した酸素に変わります。一方、離れた1個の酸素原子は酸化力が非常に強く、有機物・無機物の酸化効果があるため、殺菌・脱臭・脱色などの様々な分野で活躍します。
オゾンは元々空気中にある気体で、分解すると安定した酸素へと変わるため、人にも地球にも害のない安心出来る気体だといわれています。

《オゾンの殺菌の仕組み》

細胞膜に包まれている菌は、細胞膜が破壊されることで溶けて死滅します。ですから、細胞膜や細胞壁を破壊する能力をもっているオゾンは、殺菌作用に優れているのです。

《オゾンの脱臭の仕組み》

オゾンは、アンモニアに反応すると、水素を取る能力と水と窒素に分解する能力をもっています。分解された窒素は無味無臭となりますので脱臭効果に繋がるのです。

《オゾンの漂白の仕組み》

オゾンは、酸素原子が1個になった状態の時に酸化漂白力が働くので、色素に反応し無色化することが可能なのです。オゾンの酸化漂白力は、一般的に使用されている漂白剤としても利用されています。

オゾン発生器について

様々な効果を持っているオゾン。オゾン発生器を使うことで日常生活でも役立ちます。当社ではオゾンガス発生器やオゾン水生成器を取り扱っているため、この2種類のオゾン発生器の効力をご紹介します。

《オゾン発生器の効力》

上記の通り、オゾンには殺菌・脱臭効果があるため、オゾン発生器でその効果が得られます。
オゾンガス発生器であれば、お部屋の空気を除菌し、インフルエンザや浮遊菌などウィルスへの対策、タバコやペットの独特な臭いへの対策、カビや花粉を分解、害虫忌避など様々な効力があります。
オゾン水生成器は水を使う場面で除菌・脱臭効果を発揮しウィルスへの対策、臭いへの対策が可能です。

《オゾン発生器の使い方》

オゾンガスは室内の空気を除菌・脱臭し、快適空間を作ることに役立ちます。特に病院、人の多いオフィスや老人ホームなどはウィルスが増えやすい環境にあるため、オゾンガス発生器が役立ちます。他にもゴミ庫など臭いが気になる場所でのご利用にも適しています。
オゾン水は、水を使う場面での除菌・脱臭効果を高めます。例えば、手洗いやうがい、調理器具や食材の洗浄、お風呂やトイレの清掃など。また、スプレー容器を使い、霧吹きで衣服やソファなどの脱臭にもおすすめです。

次いでオゾン水生成機器ですが、様々な用途があります。たとえば、うがいや手洗いなど、病気の予防、お風呂やトイレの掃除臭、調理器具や食材の洗浄など、通常の水と同じ用途でご使用いただけます。

当社では、オゾン発生器やオゾンのグリーストラップ浄化装置をご紹介しております。インフルエンザやノロウィルス対策、殺菌・脱臭・漂白にも最適です。オゾン発生器の導入や見積もりに関するお問い合わせも承っておりますので、お気軽にご利用下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい