除菌液・フィルター・サンダルの購入はこちらへ

ゴミサー

ゴミサー製品情報

ゴミサーが選ばれる理由(製品紹介・処理工程)

全国導入実績2,500台以上 〜ゴミサーが選ばれる理由〜

1-1.jpg ゴミサーは、発売から約25年、その処理方法・性能が認められ、おかげ様で保育園、老人ホーム、病院、食品工場、ホテル、官公庁、ファミレス、船舶、など全国、海外で約2,500台以上が稼動しています。

業界1位の業務用生ごみ処理機です。


こちらでは、ゴミサーならではの特長をご紹介します。

減容率99.9%でほぼ残渣ゼロ

生ゴミを水と炭酸ガスに分解する完全消滅型ですので、残渣の取り出しなど後処理を必要としません。 「生ゴミを手間なく処理したい」というご要望に応えます。

処理が早い

他の処理機に比べ、スピーディーに生ゴミを分解します。そのため、菌の発生を低減させることができます。

 処理の様子

悪臭発生がない

ゴミサーは生ゴミを水へと分解しますので、臭いの元が溜まることなく臭いにくい構造となっています。また、耐久性も高く、生ゴミの詰まりや不調などで処理がされにくいということもありません。

生ゴミの保管入らずで衛生的

発生した生ゴミを随時継ぎ足して連続処理できるため、一時的にも生ゴミを保管する必要がありません。 気になる悪臭や害虫の発生を防ぎ、感染症のリスクも抑え、衛生的な作業環境を維持できます。

他機種に差をつける
低ランニングコストを実現

媒体コア(分解促進剤)を定期交換する必要がなく、年数回の補充で済むため、媒体コアの交換を必要とする一般的な生ゴミ処理機に比べて大幅なランニングコストの削減を実現します。 また、乾燥式や炭化式など、消費電力や燃料費が高い生ゴミ処理機に比べて、光熱費も大幅に抑えられています。

耐久性・安全性を徹底追及

オールステンレス性で錆・腐蝕に強く、独自のミキシング技術を活かした高耐久の駆動装置を採用しているため、故障はほとんどありません。また、漏電などの保護機能、災害時・フタ開時の自動停止機能など、安全面にも配慮。操作盤・投入口は施錠できるため、保育園や幼稚園などお子様のいる施設でも安心してご利用いただけます。

全自動運転&楽々メンテナンス

生ゴミは水分を切らずに投入するだけでOK。 全自動で安定した処理・分解を行います。また、特殊なメンテナンスの必要はなく、日ごろのメンテナンスは水で流す程度で構いません。

処理工程

shori1.jpg生ゴミ投入

フタを開けて生ゴミを投入します。生ゴミの水分を切る必要はありません。
※処理できないものはあらかじめ取り除きます。

処理できるもの 野菜類、果物、穀物、魚、肉類、菓子類、魚の骨
その他一般的に人が食べられるもの
処理できないもの 動物の骨、貝殻、筍の皮、卵の殻、油脂類、金属類、陶器、ガラス類、布類、木片、タバコ、石油、薬品類、ゴム、プラスチック類、紙類 その他一般的に人が食べられないもの

撹拌自動運転(撹拌)
スタート

自動運転により攪拌し、生ゴミと媒体コア(分解促進剤)を均一に接触させます。

発酵・分解発酵・分解

微生物の繁殖活動に必要な「酸素」「水分」「温度」を自動でコントロールし、生ゴミの発酵・分解を促進させます。

排水排水

発酵・分解された生ゴミは炭酸ガスと水に変わり、下水道、グリーストラップ、浄化槽へ排水されます。

後処理

残渣の取り出しなどの後処理は必要ありません。水で流す程度のメンテナンスで済みます。

参考:分解1〜4日目の写真

生ゴミ投入
生ゴミ投入
処理開始
処理開始
二日目
二日目
三日目
三日目

 

 

moto.jpg

 

お気軽にお問い合わせ下さい