除菌液・フィルター・サンダルの購入はこちらへ

ソリューブ

水の話

日本の水源が年々悪化の一途をたどっていることはご存知だと思います。汚れた川や地下水を浄水場で「ろ過」「殺菌」「消毒」されて、水道水として、各家庭の末端の蛇口まで運ばれてきます。水道水は無菌状態で届ける為に残留性のある塩素が入っています。

その濃度は、末端の蛇口から吐出される時点で、最低0.1PPM以上と定められています。浄水場に近いほど塩素濃度は濃くなります。塩素濃度の下限はあっても上限はありません。地域によっては1PPM?1.5PPMの残留塩素が確認されています。

水道水の汚れの実態

水道水は水道水処理場で処理が済んだ後、水道管にて各ご家庭に供給されています。その際に水道管内の赤サビや汚れは目に見えるものではなく、知らず知らずに口にしているのです。

下の画像は新品のフィルターと使用開始から1年が経過したフィルターです。 普段は透明に見える水もこのように汚れているのが現状です。

水道水の汚れ

問題なのは、マンションやビルにある貯水槽です。貯水槽の内部は藻が繁殖し、 ゴミ・ゴキブリ・蚊・ネズミ・鳥の死骸まで見つかることがあります。

川の水の流れを止めると自然浄化力がなくなるのと同じで、タンクにためられた水には汚れが溜まる一方です。また老朽化した給水管は鉄サビがこびりつきサビこぶができています。口径20ミリの管の大部分がサビで塞がっています。

特別サビが多いものを選んだわけではありません。築10年を超えた水道管は、ほとんどこうなっています。

水道の赤サビ

水道の赤さび

タンクの清掃前と清掃後

wat03.jpg

wat04.jpg

wat05.jpg

マンションの蛇口から出てくる水はこのタンクの水です。

お気軽にお問い合わせ下さい