オゾンが新型コロナウィルスの感染をなくすことが、世界で初めて証明されました。公立大学法人 奈良県立医科大学様と弊社をメンバーとする一般社団法人MBTコンソーシアムの
共同研究において、新型コロナウイルス(Covid-19)のオゾンによる不活化実験と、その不活化の実験的に明示することにより、オゾンによるウイルス不活化の実用性を学問的に示すことに成功しました。また、実験用として使用された機材は全てタムラテコ社製によって開発された特許技術のCT積算によって管理されたオゾン機器です。

以下、ニュースより

除菌効果のある物質「オゾン」が、新型コロナの感染防止に役立つことを世界で初めて実証したと、奈良県立医科大学などが発表しました。矢野教授らによりますと、実験室のオゾン発生器で作り出した一定の濃度のオゾンに、新型コロナウイルスを55分間にわたってさらしたところ、感染力がほぼなくなったことを確認したということです。こうした効果の実証は世界で初めてといいます。現在、新型コロナの消毒はアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで拭き取る方法が主流ですが、矢野教授らはその補足としてオゾンの気体を吹きかけて使えば、労力を減らし効率的な消毒ができるとみています。将来的には病院や診療室で広く応用できると期待しています。

 

オゾン発生器はこちら