ゴミサポーター

生ごみを溜めない、運ばない、燃やさないをコンセプトに、生ごみを発生源で分別処理することを基本に考えたシステムです。「臭う」「メンテが大変」「ゴミの分別が出来ない」「大型装置が作れない」といった従来の生ごみ処理機のイメージを一新しました。従来の生ゴミ処理機は、パドルを回転させ攪拌するため、大量処理しようとするとパドルに負荷がかかりすぎて、大型化が不可能であったのに対し、攪拌に負荷が、かからない、軸なしドラムを回転させるだけの超ローテクなため、故障もなく、メンテナンスも容易となりました。回転ドラムと特殊高性能接触材、ファンとの組み合わせにより、微生物を極限まで活性化させ、破砕機で破砕した生ゴミを水と炭酸ガスに分解消滅します。国内外のホテル、ショッピングセンター、食品工場、マンション、集落排水処理場など、15年以上の稼働実績があります。

◎1日500Kg以上の生ごみ処理に困っているところ
◎貝殻、動物の骨、卵の殻など従来の生ごみ処理機で処理できなかったものを
分解処理したい。大量のゴミから分別ができない。
◎生ゴミ、産廃処分費用を大幅に低減したい
◎余剰汚泥を大幅に減らして、産廃コストを下げたい
◎排水処理にかかる薬品代、電気代を大幅に削減したい
◎浮上分離装置から出るスカムを産廃しないで、分解消滅&消臭したい
◎ゼロミッションで地球に優しいエコな優良企業を目指したい

臭わない・低ランニング・10t処理もOK!

・常温下で、ブロアにて充分な酸素を供給し、定期的な噴霧散水により、槽内は常に好気性菌が効率良く、消化分解しますので無駄なエネルギーを使いません。臭いの発生もありません。
・微細目スクリーンが、固形物の殆どをすくい取ることができるので、水処理設備に流入するSS(固形物)値を減少させ、水処理設備の負荷を軽減。余剰汚泥の発生を抑制します。
・破砕機により生ごみが粉砕されているため表面積が向上、効率よく分解可能。
・ドラム式で、羽根がなく、負荷がかからない。大量処理が可能。

■システム例
(既設配管の利用が難しい場合)※図1
単純に生ごみ処理機の隣に、
その前処理装置として破砕機、
破砕分別装置などを設置。
どのようなケースでも
設置対応が可能な方法。
導入事例:沖縄県T町ホテル、
山梨県F市ホテルなど
■システム例(大型厨房)※図2
厨房のシンクに破砕機を設置し、
その配管下流部にスクリーン
(固液分離機)を設置し、
固形分のみを生ごみ処理機で分解消滅。
導入事例:埼玉県S市S病院、
愛知県T市給食センターなど

PDFはこちら

お気軽にお問い合わせください TEL 042-655-0130

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社 エイ・アイ・シー All Rights Reserved.