以前の汚物処理の方法は?

オムツカートを持ち歩き、1回1回排泄物を袋に入れた状態で移動し、最終まとめて大きな袋に入れ捨てていた。

エコムシュウを導入する際の決め手は?

臭いの問題が大きいです。臭いの面や感染面で少しでも、患者様の療養環境を良くしたいという強い思いからです。

エコムシュウを導入し、変化したことは?

臭いの問題は感じなくなりました。
また、今までの袋詰めの作業より、エコムシュウを使用することで、1タッチで完全密封されるので作業時間の短縮にも繋がっていると思います。
患者様は臭いに敏感です。臭いの問題を解消、感染面の対策を強化することで、より良い療養環境のご提供に繋がっていると思います。