除菌液・フィルター・サンダルの購入はこちらへ

ゴミサー

導入事例(お客様の声)

保育園や幼稚園、学校、給食センター、病院、介護施設、社員食堂、ホテル、スーパー、食品工場、ショッピングモール、飲食店など、さまざまな企業・施設で導入されている生ゴミ処理機「ゴミサー」。 こちらでは、その導入事例をご紹介します。

保育園 G100型(10kg/日)

G100

お客様のご感想

厨房が3階にあって、毎日水分を含んだ重たい生ゴミを離れた収集場まで運ぶのはとても大変でした。
今は厨房横のベランダにゴミサーを設置したので楽になりました。
いつでも処分出来るのがいいですね。
生ゴミの臭いも気になりません。

介護施設 G500型(50kg/日)

G500型

お客様のご感想

ゴミサーを導入する前は堆肥になる生ゴミ処理機を使用していましたが、管理が大変で処理機から中身を取り出すのがとても手間でした。
取り出したものをまたどこに処分するかでも困りました。
また悪臭がきつくて苦痛でした。
ゴミサーは生ゴミを投入するだけなので楽になりました。
生ゴミの臭いも気になりません。

保育園 G350型(35kg/日)

G350型

お客様のご感想

給食から出る生ゴミを減らすことを、目的として、また子供達に環境に優しい教育を体験してもらう為に、生ゴミを液体肥料に変えてリサイクルしています。 ゴミサーは悪臭がしないので、通行人の多い、道路面に設置しています。 知らない人に、これが生ゴミ処理機というとビックリされます。 当園がエコに取り組んでいることを紹介しています。

病院 G500型(50kg/日)

G500型

お客様のご感想

ISO14001の取り組みとして、生ゴミ処理機を導入しました。
生ゴミを完全消滅処理できて、病院から出る可燃ゴミ量が減りました。
環境にも貢献できて、しかも業者に生ゴミを回収してもらっていた時より、コスト削減に繋がって大変助かっています。

社員食堂 G350型(35kg/日)

G350型

お客様のご感想

環境実践活動の一環として、完全消滅型の生ゴミ処理機ゴミサーを導入しました。
生ゴミの自社処理化により、「生ゴミの排出ゼロ」を目指します。
当初は堆肥型の生ゴミ処理機も検討しましたが、余った堆肥がまた廃棄物になること、大量のエネルギー、動力を使うことを考えて、完全消滅型にしました。

給食センター G3500型(350kg/日)

G3500型

お客様のご感想

小中学校から出る生ゴミを処理しています。
生ゴミが水になって、何も残らないのが不思議です。
生ゴミはポンプで自動搬送しています。

大型ショッピングモール G5000型(500kg/日)

G5000型

お客様のご感想

1日1トン近い生ゴミが、食品売場やレストランから発生します。
生ゴミ以外の異物が混入しないように各テナント様に協力いただきながら、生ゴミの減量に取り組んでいます。

文部科学省 私立大学学術研究事業 G1000型(100kg/日)

G1000型

担当スタッフより

東京農業大学様で研究開発された生ゴミのメタン発酵システムの実証プラントです。 学校給食で発生した生ゴミから、水素やメタンなどのエネルギーを生産します。

お気軽にお問い合わせ下さい