TOPIC

  1. HOME
  2. トピック
  3. 腐敗細菌を殺すオゾン水で食品の鮮度を守ります

給食/飲食店
オゾン水活用例
給食/飲食店

腐敗細菌を殺すオゾン水で食品の鮮度を守ります

腐敗細菌の増殖を防ぎ、食品のみずみずしさが長持ち
野菜や魚などの生鮮食品の鮮度を維持するためには、表面に付着した菌や腐敗細菌をできる限り減少させてお くことが必要です。オゾン水で野菜や魚などの腐敗の原因となる細菌やバクテリアなどを除菌することにより、 腐敗細菌の増殖を防ぎ、食品のみずみずしさを長持ちさせます。 オゾン水は、除菌剤や殺菌剤が多量の水による洗浄が必要なのに対して、薬剤ではないので、すすぎの必要がな く手軽。しかもオゾンは食品内部には浸透しないので、オゾンの酸化作用による食品の品質劣化は特に認めら れていません。
オゾンの酸化力で残留農薬の危険性を回避しましょう
農薬の分解(武庫川女子大学薬学部共同研究)
いま食の安全性に対する不安のなかで、残留農薬は大きな話題を集めて います。日本の残留農薬基準は、ガット・ウルグアイ・ラウンドやWT O協定によって次々に緩められてきており、非常に危険な状態です。オ ゾンの持つ強い酸化力は、あの地下鉄サリン事件でサリンの分解に使用 されたほどですから、果物や野菜の残留農薬を分解することが可能なの です。オゾン水によって全ての農薬が完全に除去できるわけではありま せんが、確実に残留農薬の危険性は下がることが報告されています。オ ゾン水と農薬の分解の関係は、大きく濃度と時間に依存しますので、10 分~20分程度のオゾン水での浸け置きが有効であると思われます。
人や環境に優しく漂白
オゾン水の漂白効果
たとえば汗やアンモニアが付着して、黄ばみの進んだ布地などは、洗濯 だけでは元の真っ白い状態に戻すことはできません。このような場合、 一般的には、塩素系漂白剤を使用することが多いのですが、すすぎを十 分にしないと布地をいためたり、また漂白剤の排水は水質汚染の原因の 一つにもなります。 オゾンの強い酸化力(塩素の約7倍)は、布地や食器などについた有機 物の汚れを分解するので、漂白にも極めて有効。 しかも、残留性がなく自然に分解するため、すすぎの必要もなく、無公 害。 オゾン水を使用すれば、人にも自然にも優しく漂白していただけます。
オゾン水でくさい匂いを元から分解して脱臭します
オゾンによる脱臭は、活性炭やイオンなどのような吸着式の脱臭方法とは違って、悪臭成分をその強い酸化力により、直接分解す ることによって、元から除去するので効果的。魚の生臭さの主成分であるアミン類も完全に除去します。 ですからオゾン水は、ふきんや食器、食品の容器、冷蔵庫のにおいなども元から分解、生ゴミや排水溝の悪臭やぬめりも除去し、 いやな下水臭もなくなります。ペットに直接噴射することで、ペットの臭いと同時にノミやダニも取り除きます。霧吹きに入れ て、衣類、カーテン、布団などの脱臭や除菌にも。
環境に優しく、しかも手軽に洗浄
オゾン水の強い酸化分解作用は、汚れを分解してしまうので食器や家具など、あらゆるものの洗浄が可能です。しかしオゾン水は油 との相性があまり良くないため、油汚れを分解し除去するまでには時間がかかります。 そこで油汚れに強い合成洗剤や中性洗剤をオゾン水による除菌洗浄と組合せて使用することで、洗剤の量も減り、洗った後も除菌・ 洗浄されているため、細菌が増殖する心配もなくなるので安心です。 また洗剤で油汚れを除いた後、すすぎにオゾン水を使用するとオゾン水が洗剤の界面活性剤などの化学物質を完全に分解するので、 従来より簡単にすすぎができます。 オゾン水を霧吹きなどによってスプレーし、冷蔵庫の掃除にも使用できます。庫内の食品がそのままでも安心して除菌・脱臭も可能 です。床面に使用していただければ残留毒性がなく安全、しかも二度拭きの必要がなく、赤ちゃんも安心して歩き回れるほどです。
肌に優しいスキンケア・手洗い・うがい・洗口剤にも
アトピーの原因物質(アレルゲン)は、ダニや大気汚染などのような環境的なものから、食品そのものや食品に付着してい る添加物や農薬など数多くあります。これらのアトピーの方は、もともと皮膚のバリアー機能が弱いため、健康な皮膚に比 べると常在菌の数が多く、特に「黄色ブドウ球菌」が増殖しているケースがあり、その毒素が炎症を悪化させるといわれて います。このように、アトピーの方は特に肌を清潔に保つ必要があるため、石鹸や刺激の少ないものを使ってケアします が、それでも皮膚の皮脂まで取ってしまったり、界面活性剤や化学薬品に負けてしまって、逆効果となる場合もあります。 また、退治しにくいといわれる水虫やたむしは白癬菌というカビによっておこる皮膚の病気です。こんなときに、是非一度 試してみたいのがオゾン水。強い除菌力を持ち、残留毒性がなく、黄色ブドウ球菌や白癬菌などの細菌の増殖を防止できま す。さらに、皮膚を清潔に保つための洗浄や手洗いに、オゾン水は皮膚や粘膜など有機物に触れると、速やかにただの水に 戻るので刺激も少なく、何度使用しても心配はありません。